幸せなカップルとカプセル
  • ホーム
  • ED予防とED治療薬の服用による湿疹の対応について

ED予防とED治療薬の服用による湿疹の対応について

EDを予防するためには適度な運動によって筋肉を身に着け血行を良くしたり、亜鉛やムチンの様な生殖機能を高めるような食事を取り入れたりバランスの良い食事などの食生活の見直し、ストレスの排除や発散などが効果的だとされています。
特に高血圧や糖尿病はEDになりやすい傾向にあるので、食生活や運動はED予防の1つのポイントとも言えます。
しかし生活習慣を見直してもEDになる場合もあり、その時にはED治療薬を服用することで効果的に改善することが出来ます。

ED治療薬で有名なのはバイアグラやレビトラ、シアリスですが、これらを服用することで必ず勃起するとは限りませんが、性的興奮を受ければ高確率で勃起を促すことが出来ます。
そして身体に直接作用する薬なので、どうしても体との相性が関係し、頭痛や目の充血等の副作用を強く感じたり全く感じない、ということも影響してきます。
しからしこの様な副作用は一時的なものであり時間の経過と共に治まれば、重大な副作用とは異なります。
しかしED治療薬を服用し、身体に湿疹が出た場合は服用を中止し、医療機関で受診をしましょう。
薬を飲んだ時に蕁麻疹や湿疹が出た場合、アレルギー反応の可能性があります。
アレルギー反応の場合はアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があり、最悪の状態では命に関わる可能性も否定することが出来ません。
そのため自己判断で使用の有無を決めるのではなく、病院を受診し、医師に相談する必要があるので注意して下さい。

ED治療薬に限らず、薬の服用に関しては服用に関する注意があります。
それは他の薬の飲み合わせであったり注意が必要な副作用であったりと様々ですが、安全に使用するためにも使用の有無を含めた判断は必ず医師にしてもらいましょう。

人気記事一覧